こんにちは
6月はCARROT勤務中のABEです


何かとお世話になっている ヘアメイクの友達が 被災地に
 ”ヘアメイクのボランティア”へ行ってきた

って事なので この場を借りて ちょこっとご紹介



友達:ヤマキBlogより

 



6月5日、宮城県山元町の避難所に行って参りました。 






避難されてる方々のストレス解消のために、カラオケ大会が開催されるという事で、ヘアメイクでお手伝いさせて頂きました。 




カラオケ大会の模様はこちら 
http://photozou.jp/photo/top/1695650 
http://ameblo.jp/garnet-miyagi/ 



最初はみなさん、 

『ヘアメイクだって・・・。どうする?どうする?』  

みたいな雰囲気だったのですが、 

1人やり始めると、みなさん続いて来てくださって一安心。 



化粧品は全部津波で流されちゃったし、お化粧どころじゃなかったから嬉しいわ・・・ 


と、みなさんおっしゃってくださって、こちらも嬉しくなりました。 


 




なかでも、この2人は、何回も私のところに来てくれて、 



髪の毛くるくるして〜☆ 


とか、 


キラキラつけて〜☆ 


とか、 


お菓子食べたらリップ取れちゃう…どうしよっ(゚Ω゚;) 



とかww 



癒されまくりました。 




小学生にしてこの女子力。 




素晴らしいです! 




この笑顔に救われます。
ありがとう。 
とても貴重な体験をさせていただきました。 

これからも 
細く長く・・・ 

仲間にも声をかけて 

必要とあらば、 

ガラガラ片手に飛んでいきまっす!! 


以上、ヤマキblogより。でした。


}素敵
ボランティアにも色んな形があるんだ!!
こういう笑顔のボランティア、ぜひ自分も参加させていただきたい!!

と感動した出来事でしたので この場をお借りして
ちょこっとご紹介させていただきました


:ABE:


 
東北地方太平洋沖地震 わたしたちができること

3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震により、多くの方の尊い命が失われたことに深い哀悼の意を捧げます。

また同時に被災された皆様、そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興復旧をお祈り申し上げます。


わたしたちが今出来ること、小さいことかもしれないけど、それを精一杯やりたいと思います。


まずは節電。

お友達同士で一緒に過ごしたり、使わない電気はコンセントから抜いたり、小さなことかも知れませんが、出来る限り行っていきます。


あとは義援金。

何をするにも お金が必要。

各方面から たくさんの義援金が集まっていますね。


T's waveとしても震災発生後から レジ横に募金箱を設置し、

たくさんのお客様から心温まるご厚情を頂きました。心より御礼申し上げます


今回、皆様から預かりました義援金は 第1回目としまして

 『東京都美容生活衛生同業組合』を通じ被災地へ送金させていただきました。



被災された方がすこしでも心安らかに過ごされることを心からお祈りいたします。



今こうして いっぱい呼吸ができて、あたたかいお家があって、すてきな仲間たちがいることに心から感謝したいと思います。


みんなで力を合わせてがんばりましょー!!!!


TAKE T's wave:阿部


 
あの大きな震災が起きてから 14日が経ちました。
時間が過ぎるのは 本当に早いです。

今回の震災により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
私たちのサロンでも

「自分たちが今出来ることはなにか」

を話し合い 微力ながら行動しております。



 【節電】&【節水】
使わないコンセントは抜いて つけなくても大丈夫な電気は消す。
水は出しっぱなしにせず 1人1人考えながら行動しております。

【募金】
被災地に救援物資を送るにも これから復興していくにも お金がかかります。
なので 少しづつではありますが 役に立てるよう 募金箱を設置しております。
集まりました募金は T's waveが責任を持って 赤十字に寄付させて頂きます。




【被災地への応援メッセージ!!】
東京からも復興を願っています!! 一緒に頑張ろう!!というメッセージを
SHiHOの呼びかけで始まってます。


SHiHOの友達が立ち上げたメッセージサイト。

【わたしたちに、できること。】
http://photozou.jp/photo/list/1497998/3853872


SHiHO
「こんなトキだからこそ 絶対 笑顔を絶やさない!!」


伊藤ママ
「節電、節水中ですが 通常通り営業しております!!」


上田店長
「自分に出来る全ての事を実行します。みんなのために...」


どやちゃん
「全身全霊で募金します」


新入社員:昌美ちゃん
「無駄をなくす!」


池内チーフ
「不平・不満は言わずに、毎日元気に笑顔で節電♡」


はせちゃん
「他人事だと思わない!! いつでも心♡は ひとつ!!」


阿部
「節電・募金・風化させない!! がんばろう!! 東北魂!!」


有賀くん
「心込めて感じる」


牧野サブ
「いつでも支援の気持ち」


カツヤ
「日本に生まれた事に誇りをもって生きる。」


大久保チーフ
「”すべてはひとつ” (ワンネス) 」


頑張ろう!!日本!!
頑張ろう!!東北!!



:あべ:

マネージャーの松橋です。



東北関東大震災の被害の大きさに、ただただ心を傷めております。
謹んでお見舞い申し上げます。
1人でも多くの尊い命が救われることを祈るばかりです。


映像に映し出された津波は、あらゆるものを破壊し、

家が、車が、人が流され、町を飲み込みました。

報道される犠牲者の数字が出るたびに、「人間」が「数字」に

置きかえられてゆく不条理に落胆いたしました。

その「数字」には当然、その人、一人ひとりに人生があり、

夢があり、家族をはじめ愛する人がいたはず…。

地震が起こるまでは、笑っていたり、話していたり、

何かを楽しみにしていたり、

いつもと変わらない日常が、

まさか、自分の人生が終わるとは無念であったと思います。

14日、卒園でお花を持ってはしゃいでいる園児と若いパパママの姿を何人か見かけました。

楽しげな様子からこれからの我が子への夢や希望がいっぱいなのだろうなぁと感じた。

被災者の中にも同じような家族もたくさんいたはす…。

吉凶、生と死。なにが運命を分けたのでしょうか・・・。

対岸の火事ではない、この大災害との長期戦に臨まなければならことを

再確認いたしました。

皆さまにおきましても、身の安全には十分にご留意くださいませ。



こんにちは、阿部です。 


地震が起きて 3日が過ぎました。

ここ数日で感じたことは 被災地とそうでないところに居る人たちとの温度差です。
あくまでも自分が感じた事なので 100%ではありませんが。


「地震すごかったね〜」など 笑いながら話している光景を何度も目の当たりにしていると
所詮、他人事なんだな....と、心がとても痛くなります。

もっとリアルに自分のこととして感じてほしいです!!

サロンのブログでアップする様な事では無いかもしれませんが、より多くの人に伝えたいので
この場を借りて 被災者の想いをアップします。




仙台市若林区に住んでいる美容学校からの友達(25歳/美容師)のブログより。

みんな心配ありがとう。
被災者のみなさん つらいのはこれからなので頑張りましょう。

ニュースを今日から見れるようになりました。
世間の地震への感じ方を見ていろいろ思います。

世界から救援要請をたくさん受けてありがたいと感じます。
しかし日本のメディアからはそれを驚いて受け取る。何だか悲しかったです。
災害後72時間が重要だと誰かが言っていました。本当にそうだと思います。
自分も体験して、3日たったらきついと はっきり感じました。
衛生面、体力面、精神面、被害の大きさによりますが確実に削られていくのが
3日からなのかと。

本当に被害の大きいところから物資をお願いしたいです。
見てるのが辛くてしょうがない。
このくらい生き残ったのではなくて、被災地の人はもっともっとと思っているはず。
人一人亡くなるのはとてつもなく残念なことなのに、それが当たり前に数字にしてニュースになっている。
それを目の前で見てしまっている人が現実にいる。一人助かるのは嬉しいことですが、その人が本当に一人で助かって嬉しいと 感じるのか。

もっと、もっと、もっと、自分のことで考えてください。

被災地の人ばかりを大変にしないで頂きたいです。

もちろん、自分も、
なにか考えなければ、なにかしなければ…


どうしよう
どうしよう…


とりあえず生き延びなければ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



お願いします!!!
他人事だと思わないでください!!
現地に行かなくても 今すぐできることは沢山あると思います!!
[ひとり]は小さい力しか ないかもしれない。でもそれが 大勢集まれば大きな力に
なります!!! 


被災地の人たちの為に 何でも構いません。なにか行動を起こして下さい!!

『コンビニでお茶を買った時にかえってきた おつりの10円。これを 募金箱に入れる。』
これだって立派な行為です。

被災地 復旧のため ご協力をお願い致します!!


阿部
 
募金を偽装した詐欺にご注意ください!!
毎回、災害時には募金を装った詐欺行為が多く見受けられます。
以下の点に注意して、詐欺サイトにお金を送らないようご注意ください。

東北地方太平洋沖地震被災地が一刻も早く復旧なされることを
心よりお祈り申し上げます。

阿部
 皆様こんにちわ     大久保です

本当に今日本がいまだかつてない出来事を体験していると思います

情報化の時代もあってか色んな憶測も飛び

テレビもみたりして

混乱している自分がいます



混乱が混乱をよぶ

という言葉を頂いた時

そうだよ

と思いました

人の心は伝染する

それならば

混乱や

不安を呼ぶより

元気

光を伝染させればいいのでは



今自分はどうするべきかではなく

どうあるべきかを

考えるときなのかなと

感じました

自分には何もできない



卑下することなんてないと思います

こんな状況では文句や

とげとげしい言葉が

とびかいがちになると思います

それよりも

目の前にいるひとを励ましたり

優しい気持ちになったり

手をとってみたり

光を感じたり

笑顔になるような

言葉を使いたいです


海外のメディアでは

今の日本をみて

精神力の強い日本なら

こんな出来事にも負けるはずない

と出てたそうです

本当にそうだと思います

でも一人の力ではやはり難しいと思います

一人一人が助け合って

現実はつくられていけるのだと思います



伝染させましょう





元気と勇気を




















      




こんにちは。阿部です。

先日の地震。皆さんの周り、家族、友達は無事でしたか??

自分ごとですが、実家が仙台市若林区にあり 親戚や友達も東北各地に住んでいるので
とても心配しております。

現地は 地震発生後からケータイもメールもつながらなくなり、テレビでは もの凄い状況ばかりが
報道されていたので 気が気ではなく、ネットなどで必死に情報をかき集めましたが
必要な情報は 心無い人たちのカキコミなどで どれが本当の事なのか分からない状態でした。

地震発生から2日目になると 徐々に友達や親戚とメールで連絡がとれるようになり
みんな なんとか避難していたり 家の中がぐちゃぐちゃになるくらいで さほど被害は
大きくなかった。と。

実家の家族からも 「電気、ガスが使えないくらいで大丈夫。家の中も夜のうちに
だいぶ片付いた」と メールがきて 一安心。



ですが、自分が通っていた仙台空港近くにある高校は 津波の被害にあい

『産経ニュース』より

名取市の宮城県農業高校は校舎2階まで水没。3階に生徒128人、保護者1人、教職員70人が避難しており、数人が体調不良を訴えている。


今だ救助を待っている状態です。
名取、ゆりあげには友達も住んでいるし・・・・

津波の被害にあった岩手県釜石市にも中学時代住んでいたので 友達が住んでいたり
友達の実家があったり・・・・


昨夜連絡が取れた友達は、
「やっと弟が帰ってきて 家族全員そろったよ。なんとか生き残ったってとこ。
弟が帰って来る途中、津波で車が流されたみたい。電気、ガスが使えないから
根性で水で頭は洗えるけど・・・・外、氷点下。。被災者きつっ!!
でも 津波被害にあったところより大分いいよ・・・
ガスが復旧するには3週間はかかるみたい・・・とにかく 食糧が・・
家族無事で良かった〜。 生き延びなんなきゃないからこれからだけどさ・・・」
と。


ここで 現地の友達からなんですが、、、

現地では、電気が復旧している地区もありますが まだほとんどの地域で停電が続いています。
情報は 主にラジオやケータイから。ケータイのワンセグでもニュースは見れますが 充電確保のため、緊急の連絡ように極力使わない状態。
この情報源のラジオからは 終日 死者と不明者の話ばっかり聞こえてきて こんなことばかり
聞いていると、無事な人でも心労が出てくると思う。
だから、励まし続けてあげて!!みんな励まし、励まされたりすると結構 心強いし支えに
なると思う!!


被災地にいる友達から逆に励まされました。

何も出来ない、でも何かしたい!!という方。
ぜひ 被災地の方たちに励ましや明るい情報をおくって下さい!!
twitter、mixi、アメブロ、、、なんでもいいです。
そういったコミュニティがたくさんあります。
ただ、安否情報や現地の情報を探している人達が大勢いますので
その方たちの妨げにはならないようお願い致します。


あとは 募金をお願い致します!!
救援物資は、送られても それを届ける人もいなければどこに届けてよいのか
わからなくなり、現地はその対応に追われます。
なので、必要なものに変えることができる『お金』。これをお願い致します!!

各サイトでクリック募金など 方法は沢山あります。ぜひお願いします!!
http://www.jrc.or.jp/ 赤十字



現地は まだまだ救助や情報確保など 「これから」なことだらけです。
知らない人同士 助けあったり 自分のことより周りの人を気遣ったり
心配しています。明るくふるまっています。

みんな『生きてさえいれば』この言葉を口にします。

東京にいて 自分が出来ることは、現地の生の声を伝えることだと思い
これからもアップしていきます。

より早い復興を願うばかりです。

阿部





1